処女とセックスしたいというのは全ての男が願望として本能的に持っているとは思いますが、日常生活でピンポイントで処女と知り合いセックスに発展するということは大人になるとそうあるものではありません。

学生時代は処女の女の子の割合は多いのですが、大多数は大人になるまでに処女を卒業します。

しかしながら、相模ゴム工業株式会社の独自のwebアンケートによると、20代でも25.5%が処女であるという統計が出ています。

調査日:2013年1月

調査対象:47都道府県 20~60代男女

調査人数:14,100名(1都道府県300名、性年代均等割付)

(事前調査:29,315名)

調査方法:WEBアンケート調査

全国の一万人以上にアンケートを取っているのでかなり信憑性の高いデータなのではないでしょうか。

→さらに詳しいアンケート結果はこちら

これは皆さん思っていた以上に高い割合なのではないでしょうか。

もちろん出会い系に興味のない層にもアンケートした結果かもしれませんが、それでもこの数字は想像以上かと思います。

このデータを見ると20才を過ぎても処女であることは特別珍しいことではないのです。

自分のまわりにはそんな処女なんていないよ、と思う人も多いと思いますが、この確率でいくと密かに処女はあなたのまわりにも存在しているということになります。

データ上は20代の4人に一人が処女なのですから。

また処女なんて可愛くない不細工ばかりだろうと思う方も多いと思いますが、例えば可愛いのに中学校、高校、大学とずっと女子高で就職しても全く出会いがなく、ずっと処女を守っているという女性も存在しているのです。

しかしその確率を引き上げることは可能です。

その方法とは出会い系サイトを活用することです。

出会い系で女の子と出会い続けていればいずれ処女の女の子とも出会うことができます。

どうしても処女とセックスしたいと思ってもそれはあくまで副産物と思って数多くの女の子にアタックしていきましょう。





出会い系サイトでの処女の探し方

ネットサーフィンをしていると「出会い系で簡単に処女と出会ってその日の内にセックスしちゃった」というようなほんとかよというような体験談の記事はよく目にしますが、たいていはこれらの記事は真実ではありません。

処女と出会ったその日にセックスするなど普通に考えればあり得ないですので、それらのだいたいの記事が個人的な妄想で書かれているのではないでしょうか?

いくら統計上20代の処女率が25.5%だからといってそんな簡単に業者やヤリマン、割り切り援助交際などの巣窟となっている出会い系サイト内で処女と出会うことはできません。

また常識的に考えて処女の女の子は非常にガードが堅いはずで出会い系で出会った初対面の男性に股を開くような確率はゼロに等しいでしょう。

良い出会いがあれば処女を捨ててもいいが、そう安易に捨てたくないという女性が大半でしょう。

急にムラムラしてきて今すぐ処女を捨てたいという女の子は出会い系サイトにはまず存在しません。

そんなすぐ捨ててもいいと考えているような女の子なら若い高校生や大学生の時にさっさと初体験を済ませてとっくに処女でなくなっているはずです。

少し考えれば誰にもわかることです。

ですのでそういう記事を鵜呑みにすると痛い目に遭います。

しかしながら処女の特徴などを考慮して、上手く出会い系サイトで探し出し計画的にアプローチすれば処女とセックスできる確率は高くなります。

もちろんどの出会い系サイトでも共通して言えることですが処女を探す場合はアダルト掲示板ではなくピュア掲示板の方を使うようにしてください。


PCMAXの場合

会員数累計1000万人以上を誇るPCMAX。

会員数が多いのでもちろん処女の女の子も登録しているのですが、登録者数が多く業者も多く混じっているので真正面から探すのはなかなか難しい出会い系です。 探し方としてはPCMAXには「裏プロフィール」という機能があります。

人には言えない様々なデータを見ることができるのですが、その中に経験人数という項目があります。

ここがゼロの女性を狙えば良いだけの話ですが、この「裏プロフィール」は男性の性欲を掻き立てる内容ばかりですので、このデータを充実させている女性は少ないですし、ほとんど埋めているような場合は業者である確率も非常に高いです。

閲覧するにもポイントが消費されますので、真面目そうなプロフィールの女の子でかつ気になった女の子のみ閲覧するようにしましょう。

プロフィールを見て、「ガチで処女です」などと書いている女性は業者なので論外です。

→PCMAXの会員登録はこちら


イククルの場合

イククルの場合はプロフィールの欄に今まで付き合った人数を記載する項目があります。

私が知る限り信頼のおける大手出会い系サイトの中でPCMAXとイククル以外にこのような経験人数や付き合った人数のわかるサイトはありません。

単純にこの付き合った人数がゼロの女の子めがけてアプローチすれば良いだけです。

しかしながらもちろん付き合った人数がゼロと書いている女の子も処女であるとは限りません。

嘘をついている可能性もありますし、付き合った人数がゼロでも処女でない場合は多々あります。




まとめ

PCMAXでもイククルでもこういう情報はあくまで参考程度に考えておいた方が良いでしょう。

ちなみに私が個人的に処女とセックスできたパターンは、まだ出会い系サイトで活動したばかりの時でほとんど知識もないころでした。

何回も食事やデートをして仲良くなってから「実は処女で。。。」と告白されるパターンでした。

ということでやはり処女とセックスするためには基本的なことは押さえた上でより沢山の女性にアプローチし、その内出会えるだろう作戦を取るしかないのです。

逆に基本的な情報を押さえれば処女と出会える確率をアップさせることができるのです。

基本的に処女であるという事実は女性にとっては恥ずかしいことであるという認識をしている子は実際に多く、セックスの直前までわからないことも多々あります。

男性が自分が童貞であるのを恥ずかしがるのと同じ気持ちです。

実際にセックスするとわかってしまうのですが。。。

ですが見た目や普段の会話の中で見極めるのはほぼ不可能に近いです。

また見た目が清純そうで、男にまったく慣れていないような雰囲気を醸し出していたとしても自分の予想とは全然違ったりすることも多いです。

ですので、そういう雰囲気を感じ取ったらそれとなく自然に聞いて女の子の口から事実を引き出してみるしかないですが、それでも真実は話さないかもしれません。


処女の特徴

実家暮らしで厳しい家庭の女の子

実家暮らしで門限も早くて厳しい家だという女の子の場合処女である確率は通常よりも非常に高くなります。

実家暮らしで門限があると夜に遊ぶことはほぼ不可能ですので、彼氏とお泊りとかしたことある経験もないでしょう。

メッセージのやり取りの中で自然にそういう話に持っていき情報を上手く聞き出しましょう。

もちろん家がそういう厳しい家庭であっても処女とは限りませんので注意してください。

あくまでそういう女の子は処女の確率が高いというだけです。


女子高や女子大など女社会でずっと生きてきた女の子

最初の導入部でも少し書きましたが、高校・大学と女社会で生きてきた女の子の処女率は高めです。

出会いがない社会に属していると必然的に処女率は高くなります。

また部活に打ち込んでいたりでバイトなどもしたことがないという女の子も処女率が高い傾向があります。

バイトで知り合った男性に処女を捧げるというパターンはよくあります。


処女を出会い系サイトで探すのにベストな時期

処女を探す時期は新年度が始まる4月~6月ぐらいがベストです。

新学期がはじまり、田舎から都会に大学の入学や就職のために出てくる女の子が多いのです。

その時期は各出会い系サイトも活性化しますので女の子の母数も多くなります。

厳しい家庭で門限があって、夜にあまり遊ぶことが出来なかったという女の子もそういう縛りから解放されますので、そのタイミングで出会い系に登録して彼氏や飲み友達などを探してみようかな、という女の子の登録が増えるというわけです。

ちなみに処女で出会い系でセフレを探してみようかな?という女の子はまずいません。

処女の女の子はあくまでもライトな出会いを求めているということを念頭に置いておきましょう。


処女と出会えたらまずすること

処女を実際に見つけることができても決して焦ってはいけません。

誰か他の男に取られたらどうしようとか焦る気持ちもわからなくはないですが、まずはLINEやカカオトークのIDを聞く前にサイト内のみでやり取りしましょう。

ここで大多数の男性は焦って空回りしてしまい上手くいきません。

また苦労して処女と出会うことができたとしても焦ってしまい初対面からホテルに誘ってみたりといったことは処女の女の子にはNGです。

処女の女の子は得てしてガードが非常に堅いので、そんな女の子に対しては焦らず兎にも角にもじっくり攻めていくことが重要になります。

処女の女の子の場合、男性慣れしている子は皆無なはずですので、何回か食事やデートに行き緊張をほぐしてやり信頼関係を構築しましょう。

会話の内容も世間話から始め、お互いの近況、そして悩み相談へと徐々に会話の内容を深堀りしていきましょう。

この人なら絶対に大事にしてくれる、この人ならわたしの処女を捧げてもいいと思わせることができれば成功です。

下ネタは極力封印し、もし出すとすればお互いに慣れてきて緊張がほぐれてくる3~4回目のデートあたりからにしましょう。

私の個人的な経験から言えば処女の女の子とセックスに至るまでには大体10回ぐらいのデートが必要になります。

もちろんそれより早い場合もあるとは思いますが、感覚的にはそれぐらいが平均と頭に入れておいてください。


性格を見極める

一口に処女といってもいろいろな性格の女の子がいます。

処女であるということは男性に対する警戒心が強く何をするにもめんどくさいのですが、もはやこれは慣れるしかありません。


出会い系サイトでの処女を探す時や関係を持ってからの注意点

援デリ業者に注意

出会い系サイト内でもろに「わたしの処女を買ってください」とか男を刺激するような投稿を見かける時が少なからずあるかもしれないのですが、そういう場合は100%援デリ業者だと思って間違いないでしょう。

処女であっても誰も処女であることを出会い系のプロフィールや掲示板には書くはずがありません。

本当に稀にいるかもしれませんがほぼゼロだと思って間違いないでしょう。

私は長年出会い系サイトを使い倒してきましたが、そういう女の子には未だに出会ったことはありません。

出会い系サイトで業者を見抜く方法についてさらに詳しくは下記記事を参考にしてください。

→出会い系サイトで暗躍する援デリ業者やサクラ、キャッシュバッカーの見分け方


依存・束縛してくる可能性がある

処女の女の子は恋愛経験も少なく多くの場合が男の人と初めて付き合うということになるでしょう。

そのような女の子をあなた色に染められるというメリットは大きいですが、そういう女の子は束縛してきたり、また依存してきたりします。

男がはじめてということで色々と自分でもどう動いていいのかわからなくなってそういう行動をとってしまう女の子も多いようです。

その女の子が若ければ若いほどそういうリスクも比例して高くなる傾向があります。

またさらにエスカレートするとストーカーに変貌してしまったりするので注意が必要です。

処女とセックスするということはそういうデメリットももちろんあるということを理解しておきましょう。


まとめ

処女とセックスに持ち込むのはなかなか骨が折れるしハードルも高いです。

見つけるのも大変ですし、知り合えてからセックスに持ち込むまでも何かと面倒です。

しかしながらその苦労すらも忘れ去れるぐらいの男としての喜びもまた非常に大きいです。

ですので出会い系で遊ぶ時はもう俺は処女としか相手にしないとかいうのであれば別ですが、知り合った女の子が処女だったらラッキーぐらいの軽い気持ちでいた方が気楽ですしおススメですね。