ASOBO(アソボ)は2001年から運営されている大手出会い系サイトです。

累計登録者数は2019年1月時点で約560万人とハッピーメールやpcmaxと比較すると少ないですがそれでもかなり大きい出会い系掲示板です。

PCサイトのデザインはひと昔前のデザインでちょっと古臭いですが、運営などはしっかりしています。

個人的にはPCサイトのデザインを今風に刷新すると出会い系サイト特有の変な怪しさも取れ登録者数はもっと伸びるのではないかと思います。

PCMAXやハッピーメールはデザインにかなり力を入れていますので。。。

ASOBOはPCMAXやハッピーメール、ワクワクメールなどと比較すると広告宣伝費もそれほどかけておらずマイナーな出会い系サイトですが、私が使ってみた感想としては結構穴場の出会い系サイトだと思います。 PCMAXやハッピーメールは同じ人が重複して登録していますが、ASOBOは独自の世界観を持つ出会い系サイトなので登録者の質がまた違います。

そんなASOBOの口コミや評判、特徴などを記事にしていこうと思います。

ASOBOの会員登録はこちらから





会員の年齢層

女性会員は20代の会員が約半分と大きな割合を占めています。 その次が30代で約3割、10代が1割となっています。 40代以上の会員もそこそこ多いですね。

ちなみに他の出会い系サイトと同様男性会員は女性会員よりも年齢層が高めです。

20代後半が3割以上、次いで30代前半が約3割と高くなっています。

意外にも20代前半は約5%とk割合としてはかなり少ないです。

30代後半~の年齢層もかなりの数が登録しています。

男性の場合は利用するのにお金がかかるので、ちょっとお金に余裕の出てくる層がメインで利用しているようです。

他の出会い系サイトと比較すると年齢層は高めですので他の大手出会い系サイトとはちょっと色合いが異なります。

男性が女の子を探そうと競い合っているのではなく、落ち着いた年齢層高めの男女が婚活まではいかない感じでライトに使用しています。

また最近ASOBOではママ活や姉活をしている年齢高めの女性がちらほら見受けられます。

ブームになっているので当然かもしれません。


ASOBO(アソボ)の安全性について

基本的にこのサイトでは安心・安全に利用できる出会い系サイトやマッチングサイトのみ紹介しているのでもちろんASOBOも安心して利用できる出会い系サイトになっています。

運営会社は株式会社ユアネットという会社です。

→株式会社ユアネットの公式HPはこちらから

HPを見ると従業員数は30人と少ないですが、大手企業とも取引があり、ASOBOの運営以外にも色々な事業を行っている会社です。

総務省 電気通信事業者 (A-20-10255)、出会い系サイト規制法に順守しインターネット異性紹介事業者(30080037000)の認定も所得しておりしっかりした会社です。

ASOBOに関しても24時間365日体制でサポート、監視を行っていますので安心して利用することができます。

もちろん年齢確認も必要でそのあたりはしっかりしています。


利用料金について



ASOBOの利用料金は他の出会い系サイトと比較して大差はありません。

ポイントを消費する有料サービスとしては以下になります。

●1pt
┣掲示板書き込みを見る
┣公開写真を見る
┣同性へのメール送信
┣タイプを送る
┗両思いからのメール(初回)

●2pt
┣気になるを送る
┗マル秘データの閲覧

●3pt
┣ねらい目検索のメール送信
┗「2人でチャット」内の写真を見る
●5pt
┣女性へのメール送信
┗1日2回目以降の掲示板投稿
┗2人でチャット

●10pt
┗サークルの作成

●20pt
┗サークルの利用料

※以上ASOBOの公式サイトより抜粋

ちなみに1ポイントは約10円になります。

このあたりの料金設定はどの出会い系掲示板でもインフレを起こさないように提携して調整しているのかもしれませんね。

登録を済ませ、年齢確認をすると無料で1500円分のポイントをゲットできるので、そのポイントだけで一人ぐらいは出会うことが可能です。


ASOBOに援デリ業者やサクラ、キャッシュバッカーは存在する?



ASOBO(アソボ)には少なからず援デリ業者が存在します。 割合としてはセフレや大人の関係を望む男性が多く集まるPCMAXやハッピーメールなどと比較すると少なめですが、確実に存在しています。

よくASOBOには業者は一切いませんみたいなネット上の記事を見かけますが真に受けないようにしてください。

またサクラはいないようですがキャッシュバッカーもちらほらいます。

これは男性からメッセージを送り返してもらうだけで5ポイント、掲示板投稿で10ポイントと、他サイトと比較して還元されるポイントが多いせいだと個人的には分析しています。

見分け方に関しては別記事で詳しくまとめています。

→出会い系サイトで暗躍する援デリ業者やサクラ、キャッシュバッカーの見分け方

こちらを参考に上手く避けてください。

この連中に関わると時間とお金の無駄です。

ちなみに私が利用してみた感想としては、ASOBOではアダルト掲示板さえ使用するのを避けておけば高確率で業者は排除することができるでしょう。

業者は絶対に嫌だという人はマル秘データを閲覧すると良いでしょう。

マル秘データを閲覧すると、「最終ログイン」「メール返信率」「モテモテ度」「利用頻度」がわかります。

閲覧するには2ポイント消費しますが、さらに業者を排除できる確率が高くなりますよ。


ASOBOのweb版とアプリ版の違い



出会い系サイトASOBOにはweb版とアプリ版が存在します。

大きな違いというとアプリ版にはweb版に存在するアダルトカテゴリーが存在しません。

appleやgoogleがアダルトアプリを認可しないからで、これはハッピーメールやPCMAXにも同じことが言えます。

ですのでアダルトカテゴリで活動したいという人はweb版一択になるでしょう。

一見するとアプリ版の方が見た目が良く現代的なつくりなのですが、実は見た目的には前時代的なweb版の方が全然お得です。


ASOBOの機能紹介

タイプ機能

ASOBOにはタイプ機能という機能が備わっています。

こちらからタイプボタンを押し、相手にタイプということを伝え相手からもタイプされると両想いとなりマッチングします。

マッチングすると初回のメールがわずか1ポイントで送ることができます。

タイプなしでマッチングしていなくてもメッセージは送ることができますが、これでマッチングしておくとかなりポイントを節約することが可能です。

ただし気を付けないといけないのはこのタイプしてくる女性には業者もかなり混じっているということです。


気になる機能



上記の画像にもあるように気になるボタンを押すことで、メッセージを送ることなく、ポイントを消費せずに女性にアプローチをかけることができます。


登録者の少ない地方都市でもASOBOで出会えるのか?



地方都市でASOBOを使って女の子と出会えるのか?という疑問に関しては、街の規模によるところが大きいです。

地方都市でも人口が30万人以上いればASOBOでも十分出会うことは可能です。

しかしながらそれ以下の規模になってくると一気に掲示板の書き込み数が激減します。

反応が少ないと掲示板の書き込み数はそれに比例して少なくなります。

人口30万人以下の街で出会い系サイトで出会いを探す場合はASOBOに加えてPCMAX、ハッピーメール、ワクワクメールなど大手出会い系掲示板と併用して補完しましょう。

大都市圏でもそれらの有名出会い系サイトと併用すればさらに出会える確率はアップするのでお勧めです。


2chの口コミ

2chの口コミを詳細に見ているとやはり登録者の年齢層は高めです。

そしてどうやら一番出会える確率が高いのが日記からということ。

これが真実の口コミのようです。

私は日記機能は全く使っていませんでしたから盲点でした。

またどうしてもキャッシュバッカーが多いという否定的な意見もありました。

これは30才を超えてくるとどうしてもプロフィールだけで勝負するのは難しいという理由からのようです。

この手法でワンナイトラブしてセフレをつくっている猛者も散見することができました。

実際にセフレをつくることは十分可能であるようです。

これは他の出会い系サイトにもあてはまる事実かもしれませんね。


ツイッターの口コミ