合コンするにもナンパするにも何をするのにも見た目の第一印象は非常に重要です。

その第一印象を決定づけるのが服装・ファッションです。

服がダサいから女の子に気に入って貰えなかったという話はよく耳にするところです。

そこでこの記事では男ウケする服装ということは一先ず置いておいて、女の子に好まれる男性のファッションについて年代別に解説していきます。

もちろん女受けするファッションというのは女性の属性にもよるのですが、一般的に最も多い意見として耳を傾けて頂ければと思います。





10代の女受けするファッション



10代の高校生や大学生ではお金に余裕のある人は少ないと思います。

ですので必然的にファッションにかけることのできる費用も必然的に抑えられます。

この年代の鉄板はユニクロやGUのシンプルで清潔感ある服になってくるでしょう。

最近のユニクロはシルエットや生地など昔と比較すると非常にクオリティが上がっています。

夏であればシンプルなTシャツやポロシャツに7~8分丈の涼しげなパンツ、体毛が薄い人であればそれにハーフパンツもおススメです。

体毛の濃い人はハーフパンツはNGアイテムですのでいくら涼しいからといっても止めておきましょう。

春や秋はチェックやストライプのシャツ、シンプルなカーディガンなどを羽織れば良いでしょう。

黒の細身のパンツもおススメですね。

靴も大事なのですが、軽めのコンバースのオールスターが鉄板です。

革靴であればシンプルなクラークスなどを選びましょう。

10代であればアクセサリー類は付けない方が良いでしょう。


20代の女受けするファッション

お金にある程度余裕が出てきた20代ともなるとある程度服装にお金をかけることをお勧めします。

ビームスやユナイテッドアローズなどがおススメのブランドになります。

少々値段は張りますがripvanwikleやattachment、ラウンジリザードなどの国内のブランドをセレクトするのもアリですね。

女性にはほとんど知名度のない日本のドメスティックブランドですが素材・シルエットなど抜群にこだわって作っているブランドです。

3ブランドとも20年ほど続いておりキレイなシルエットと素材にもこだわっている確かなブランドです。

こちらも派手なものではなくシンプル目のものをセレクトするようにしましょう。

大人な雰囲気を醸し出せるように細身のスラックスやタイトなジャケットなどをコーディネートに取り入れても良いですね。

靴には絶対にこだわってください。

冬だとuggのスリッポンや夏だとキレイ目のサンダル、デッキシューズ、コンバースなどのスニーカーが好まれます。

また20代になると時計は良いものをセレクトするべきでしょう。

20代でロレックスはハードルが高いですが、オメガやグランドセイコーなど少々値は張りますがビジネスシーンでも使えるようなそういったブランドをセレクトした方が無難です。

腕時計は男性に許された唯一の装飾品です。


30代の女受けするファッション

30代になると大人の雰囲気、色気を意識してコーディネートするようにしましょう。

良いものもそろえておくべき年齢ですが、全身ブランドものづくしにするのは止めましょう。

30代になると冠婚葬祭も増えてきますので、仕事でスーツを全く着ないという人でも、スーツも自分の体型にあったものをオーダーで2着ぐらいつくっておくと何かと便利ですよ。

靴は良いものを選びましょう。

ナイキやアディダスなどのスニーカーも勿論選択肢としては全然アリですが、少々高い良いレストランに食事に行く時などは良い革靴があったほうが便利です。

休日などではもちろんこの年代になってもユニクロを着てもOKです。

時計はロレックス、オメガ、IWC、ウブロなど好みによって何本か揃えても良いですね。

カジュアルな場面ではあえて外してGショックでもおしゃれです。


女受けの悪いNGアイテムやコーディネート

女性ウケするファッションがあるように女受けの悪いNGアイテムやコーディネートも多々あります。

NGアイテムは意外に多いのですがここではそれらをひとつづつ紹介していきます。


全身黒づくめのコーディネート

男性の中には全身黒づくめのコーディネートが大好きな人もいるのですが、女性ウケは最悪です。

ロックなファッションが好きな人はよくやりがちなのですが印象は悪いです。

夏場だと見ていて非常に暑苦しいですし、冬場であってもできれば止めておきましょう。

上下どちらかは黒ではない色をセレクトするようにしましょう。


細すぎるスキニーパンツ



タイツ並みに細すぎるスキニーパンツも女子受けが悪いです。

体型的に細い男性でもスキニーは女性に気持ち悪がられます。

ピタピタではなく程よく細いというパンツがおススメです。


はだけ過ぎのシャツや深すぎるVネックのTシャツ

はだけ過ぎのシャツや深すぎるVネックのTシャツも女の子ウケが悪いです。

胸毛ボーボーではだけたシャツから胸毛が覗いていたりするとさらに印象は悪くなります。

シャツはキチンとボタンを閉めすようにし、下に何か着るようにしましょう。

乳首が透けて見えていたりするとドン引きされますよ。

何事にも適度が重要ですね。


腰パン



若い男の子の間ではいまだに腰パンしている人を見かけますが女の子の印象は最悪です。

足が短く見えますし、だらしない印象を与えますし良いことはなにもありません。。

制服を腰パンしている若い男子中高生もいますよね。

10代~20代前半ぐらいまでならまだ許されるかもですが、それ以上の年齢となるとツライでしょう。

股上の浅い腰で落として履くパンツ以外はちゃんとウエストを合わせてシルエットを崩さずきれいに履くように心がけましょう。



このような意見もありますので極力止めましょう。


ダボダボのパンツ

HIPHOP全盛期にはダボダボのパンツが大流行しましたが、今となっては時代遅れのアイテムになります。

腰パンして履いているスケーターや若者が沢山いましたが、女受けは最悪ですので避けましょう。

太いパンツを緩く履くのはOKですが、裾を引きずるようなことは止めておきましょう。

だぼだぼのパンツの裾を引きずってズタズタに破れているのほどみすぼらしいことはありません。


ブーツカットのパンツ

一昔前は足が長く見えるという理由で流行しましたが、今はまったく見なくなりました。

チャラ男のイメージが強く印象は良くありません。

またブーツカットでもフレアのきついベルボトムなどは70年代のヒッピーのイメージが定着しており今や時代遅れのアイテムに成り下がっています。


ゴツイウォレットチェーン



20年ぐらい前にクロムハーツを筆頭に空前のシルバーアクセサリーブームが到来し爆発的に流行しましたが、今はまさに時代遅れと言っていいでしょう。

いかつめのじゃらじゃらしたウォレットチェーンは非常に女子受けが悪いアイテムです。

安っぽいものはもちろん高額のブランドものであろうが同じです。

バイク乗りには財布の落下防止のためにも実用的なのですが女の子にはどうしても理解してもらえないようです。。。

ドクロモチーフのゴツイものが特に印象が悪いようです。

どうしても付けたいのならば、できるだけシンプルで細めのデザインのものを選択するようにしましょう。


いかついエンジニアブーツ

ゴツイエンジニアブーツも女子受け最悪です。

ソールが分厚いので身長も盛れますし一部の男性には非常に人気なのですが、女子は良く思う子は少数派でしょう。


レザーパンツ

レザージャケットは最近女性の間で流行していますがレザーパンツは敬遠されがちです。

匂いも少々気になりますし、よっぽどのオシャレ上級者の方以外は取り入れるのはハードルが高いです。

レザーパンツはどうしてもハードなイメージになりがちですので女受けを狙うという意味では避けた方が無難です。

特に上下レザーは絶対にやってはいけないコーディネートです。


華美なアクセサリー

華美なアクセサリーはNGアイテムです。

じゃらじゃらとネックレス、ブレスレットとアクセサリーを付けたがる男性は意外に多いですが、女性にとってはNGアイテムとなる場合が多いです。

つけるならさらっとシンプルなリングやネックレスなどつけすぎないようにしましょう。

ギラギラしたダイヤやゴールドのアイテムも人を選びます。