現在の日本において、過去に一度も結婚したことがない人の割合は男性で約30%弱、女性で20%弱という割合になっています。

この割合は今後さらに増えることが予想されています。

また初婚年齢も年々高くなっており今後は生涯独身を貫き通す人も珍しくなくなることでしょう。



このグラフからもわかるように日本人の未婚率は年々上昇傾向にあります。

この記事ではそんな日本にあって40代の婚活事情を分析しおススメの出会いの場を考察してみました。




なぜ結婚できないのか?

①過去の恋愛を引きずっている

10代、20代の頃は恋愛にドキドキ感を感じていた方も多いのですが40代を越えてくると恋愛にそういったことはなくなってきます。

女性はいくつになってもお姫様でいたいと思うものですが年齢を重ねていくについてそうはいかなくなってきます。



40才を越えても恋愛にそういったドキドキ感を求めていると恋愛がつまらなく思えてきていつまで経っても結婚できないという事態に陥ります。

これが案外若い時に異性からモテてちやほやされていた方が40代になっても未婚の場合は非常に多い理由です。


②異性に求める条件のハードルが高すぎる

自分を客観視できない人が陥るのですが、婚活市場では女性は圧倒的に若さがものを言いますので、いくら仕事ができ、社会的地位が高いといってもそういうことは恋愛市場ではあまり役に立たないどころか、マイナスにもなり得ます。

そういう状況でも40代になってしまうと相手に非常に高いハードルを課す傾向があります。


③出会いの場がない

現代社会において出会いの場は自分で動いてつくるものです。

40代になると動かなければ出会いはまずありません。

ドラマのようなドラマチックな偶然の出会いを夢見がちな女性に多い間違った考え方です。

40代になるとそのような出会いは皆無といってよいです。

自ら積極的に動いて出会いの場を創出していきましょう。


結婚への近道

①考え方を変える

男性なら結婚相手の女性に若さを、女性であれば男性に年収を求めてしまいがちです。

自分自身の婚活市場でも価値も客観的に見れるようにならなけらば駄目です。

年齢という点で他の若い会員よりもハンデがあるわけですから自ずと年齢以外の他の項目において当然相手が求めるハードルも高くなります。



40歳を越えてくると婚活にはある程度の妥協も必要になります。

出会いがあってもなかなか恋人ができず結婚まで至らない人は相手を上から見下すように見ている場合も多いです。

これは言葉の端々から感じ取られてしまいますので、意識的に下から目線で相手と接するようにしましょう。

これはキャリアウーマンの女性の方に多い傾向です。


迷ったらとりあえず付き合ってみる

迷ってぐずぐずしているとタイミングを逃してしまいます。

アラフォーになるとあまり時間の猶予はありません。

年齢を重ねるに従いどんどん状況は悪くなります。

どうするか迷っていても試しに付き合ってみると、案外相手の良い部分も見えてきて、すんなり結婚まで至る場合もあります。

もちろん悪い部分の方が多く目につく場合は割り切ってお別れすればよいのです。

この割り切りの考え方も40代になると非常に重要になってきます。

結婚する気はないのにダラダラと付き合っていることは時間の浪費でしかありません。


婚活市場での自分の価値を客観的に見て理解する

婚活市場での自分自身の価値をわかっていない人が多すぎるのが現状です。

確かに年齢を重ねることで社会的地位はそれに比例して上昇していく傾向にありますが、婚活市場では全く逆なのです。

  • ①結婚経験なしの高スペックの美人
  • ②バツイチで子供なしのスペック普通の美人
  • ③バツイチで子供ありのスペック普通の美人
  • ④バツイチで子供なしの高スペックの美人
  • ⑤結婚経験なしのスペック普通の美人


以上の条件で婚活市場で一番人気がないのはどの方だと思いますか?

意外かもしれませんが、①番なのです。

婚活市場において高スペックであることはマイナスかつ結婚経験がないのもマイナスポイントなのです。

バツイチの方の方がニーズはあります。

プライドが邪魔をしてなかなか受け入れることができないのも理解はできますが、婚活を円滑に進める上で重要になります。

客観視することで自分の問題点が浮き彫りになってきます。


アラフォー、40代の出会いの場

40代ともなると出会いの場は限られてきます。

  • ①友人・知人からの紹介
  • ②趣味・サークル活動
  • ③出会い系・婚活アプリ、マッチングサイト
  • ④結婚相談所
  • ⑤街コン



ぐらいが主になるでしょうか。

それぞれの特徴やメリット、デメリット等を紹介していきたいと思います。


①友人・知人からの紹介

40代以上になるとなかなか紹介という機会は少なくなってきていると思います。

周りの友人もかなりの割合で結婚し家庭を持っていることでしょう。



そうなるとなかなか紹介してもらう機会は限られてきます。

とりあえず周囲にそれとなく結婚願望があるということをアピールし、あなた自身に魅力があるようなら勝手に紹介してくれるでしょう。

職場の後輩等年齢が下の知人からの紹介という機会が多いようです。


②趣味・サークル活動



最近SNSが普及し、こういった活動が日々いろいろな所で行われるようになっています。

テニスやゴルフなどのスポーツ、飲み会等様々なサークルがあります。

こういったところに参加していると出会いが生まれる場合が多々あります。

実際私の友人もこのサークル活動で仲良くなった男性と結婚しました。

facebook等を活用してこういう場に参加してみるのも良いですね。


③出会い系・婚活アプリ、マッチングサイト



40代にもなって出会い系サイトを使うなんて。。。と敬遠される方も多いのですが、最近の出会い系サイトはクリーンなイメージになってきています。

40代以上の方には出会い系という言葉のイメージが良くないので最近はマッチングアプリなどと呼ばれています。

もちろんアダルトな付き合いを求める方も集まりますが、きちんとした有名な出会い系サイトで然るべき掲示板を使用していればマジメな出会いの場はいくらでもあるのです。

出会い系は若い子だけのものと思う方も多いですが、意外に40代以上も多く登録していますのでこの出会い系サイトメインで婚活してみるのも良いでしょう。


出会い系は女性であればいくら使用しても基本的に無料のサイトが多い

女性は基本的にどの出会い系サイトでも完全無料で使用できますので、特におすすめできます。

男性はポイント制ですが、大体月に数千円といったところが平均価格帯でしょうか。

以上のように結婚相談所に登録することに比較すると非常にコストパフォーマンスは高いです。

また結婚相談所と比較すると多くの異性と接点を持つことも可能ですし、出会い系サイトでの婚活のポイントは数当たって理想の異性を見つけることにつきます。


出会い系サイトにはまともで社会的地位の高い男性、真面目に婚活している女性も多い

出会い系というとあまり良いイメージを持っていない方も多いのですが、実際は意外にそうではありません。

真面目に婚活している若くてきれいな女性、社会的地位の高い裕福なな男性などプロフィールをしっかり読み込めば多々見つけることができます。

女性は基本的には無料ですので一昔前のネガティブなイメージに捕らわれることなく、一度試しに登録いして男性のプロフィールを覗いてみるだけでも良いかもしれませんね。


40代からの婚活に適している出会い系サイト
★ユーブライド


本気で婚活している方が多いマッチングサイトです。

結婚相談所を運営しているIBJが運営していますので、安心な出会い系サイトです。

IBJは一般的な認知度は低いですが、東証一部上場企業です。

→IBJの公式サイト

40代以上の登録者も多く、約4分の1が40代以上となっています。

登録者数は約50万人程度とPCMAXやハッピーメールには及びませんが、アプリ登録者の質はかなり良いです。

このサイトを介した結婚も非常に多くおススメのマッチングサイト・婚活アプリになります。


★ハッピーメール


2000年代前半から運営されている大手出会い系サイトです。

上記のような街頭看板などでもお馴染みの出会い系サイトです。

運営がしっかりしており、サクラもほぼいない出会い系サイトです。

ただし登録している年齢層が若いので遊び目的の男女もいるのでそのあたりは注意です。


★PCMAX


こちらの出会い系も老舗で長く運営されているだけあります。

登録者数は多く約1000万人、40代以上も結構登録しているようです。

この出会い系サイトもハッピーメールと同じく遊び目的の方も混じっていますので、掲示板の書き込みとプロフィールをしっかり読み込んで活動するようにしましょう。

→PCMAXの登録はこちらから


★Pairs


近年急激に会員数を増やしているfacebook経由の出会い系サイトです。

facebook経由ですので、サクラはゼロと言っていいでしょう。

こういう安心感から女性を中心に多くの会員が登録されています。

40代以上の登録者数も30万人超とかなり多いです。

PCMAX、ハッピーメールと比較して結婚願望の強い女性が多く登録している印象です。


出会い系サイトで婚活する際の注意点

出会い系にはもちろん業者やサクラも混じっていますので注意です。

40代ということで悪徳業者から狙われやすい対象にもなりますので肝に銘じておきましょう。

リアルに騙してやろうというタチの悪い輩も存在していることは確かです。


④結婚相談所

40代の婚活と聞いて真っ先に思い浮かぶのが結婚相談所ではないでしょうか?

ニーズは一番多いと思いますが、注意も必要です。

まず自分のスペック、相手に求める条件を運営に伝えるとその条件に合った異性を紹介してくれます。

40代以上の出会いの場としては非常に優秀ですが費用面が割高になることがデメリットです。

平均価格帯としては年間20万円~60万円と出会い系サイト等と比較するとかなり高額になります。


⑤街コン

街コンは公然とナンパが許されている出会いの場ですが、40代以上となると参加者は非常に少ないのが実情です。

この街コンに参加している層は本気で婚活しに来ている人間はほとんどいないのが実情でしょう。

ナンパ、食事を楽しみに、友達探し等が目的の中心になっています。



もちろん街コンで知り合って結婚したという方もいますが全体としては少数派です。

相席になっても相手が20代前半とかになったりするとなかなか気まずくて会話も弾みません。

ですので40代になって街コンで本気で婚活するのはおすすめできません。


まとめ

20代、30代と比較するとアラフォー、40代は出会いの場は限られてきます。

しかしながら40代の方がまったく結婚ができない訳ではありません。



晩婚化が顕著に進んでいる昨今、実際に40代以上でも今の日本においては多くの成婚事例もあるのは事実です。

自分のスペック、性格等を自分なりに分析して一番合った方法で婚活し、適切な出会いの場を選択することを心掛ければ結婚への近道となりますので決して諦めないでください。