石原信明容疑者に自宅で覚醒剤を過剰摂取させられ亡くなってしまった五十嵐友理さん。 60代の男性とまだ20代の若い女性がどこで接点も持ったのか?ということは非常に興味深く取り上げられました。

非常に違和感が多々ある事件ですが、詳しい概要説明と事件の真相を個人的に考察してみました。





事件の概要

自宅で女性に大量の覚醒剤を摂取させて殺害したとして、警視庁捜査1課は6日、殺人と覚せい剤取締法違反(使用)容疑で、東京都渋谷区神泉町の不動産会社役員、石原信明容疑者(69)を逮捕した。

調べに、「覚醒剤を女性に摂取させたなどということは事実ではありません」と容疑を否認している。

逮捕容疑は昨年7月22日、自宅で板橋区大山東町の無職、五十嵐友理さん=当時(28)=に大量の覚醒剤を摂取させ、殺害したとしている。

司法解剖の結果、体内から致死量の100倍を超える濃度の覚醒剤成分が検出され、死因は急性覚醒剤中毒だった。

石原容疑者は五十嵐さんと平成28年冬ごろに会員制デートクラブで知り合い、事件当日は昼から自宅で一緒に酒を飲むなどしていたという。

翌日の午前7時ごろに石原容疑者が119番通報した。救急隊員の到着時、五十嵐さんは3階のベッドで死亡していた。

五十嵐さんは事件当日、知人に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「薬物を飲まされた」と連絡。

石原容疑者は事件直後の任意の調べで「具合が悪そうだったので、女性のバッグの中に入っていた薬を飲ませた」と話していた。

石原容疑者の自宅からは覚醒剤は見つかっておらず、捜査1課は覚醒剤の入手経路や、五十嵐さんに摂取させた手口などについて調べている。 ※産経ニュースから引用



2人は3年前に会員制デートクラブで出会い、これが4回目だったそう。 事件当日は昼から容疑者宅で酒を飲んでいたことから信頼関係は既に構築されていたものと思われます。

具合が悪そうだったので五十嵐さんのカバンに入っていた薬(これが覚醒剤だった)を飲ませたところ、朝気づくと死亡していたというもの。 その時は全裸だったそうです。

このような状況を鑑みると個人的な推測に過ぎませんが五十嵐さんは交際クラブに入会しパパ活していたのではと思います。

もちろん肉体関係アリのパパ活ですね。

石原容疑者と五十嵐さんが入会していたデートクラブは年会費だけで30万~50万円、デート1回あたり2万~10万円の紹介手数料を支払う必要があるとのこと。

どこの交際クラブかは特定できませんでしたが、メジャーどころでいうと、料金設定から推測すると有名デートクラブのユニバース倶楽部あたりでしょうか? ANN NEWSの事件に関する動画も掲載しておきます。




パパ活とは?

パパ活とはデートや食事することにより金銭的な援助を受けることです。

女の子の中には自分の夢を実現させるために応援してくれる男性を探したり奨学金の返済のためにパパ活したり、社会的地位の高いお金持ちのリッチな男性と知り合いになって人脈を広げたいと目的は様々です。

男性の場合は退屈な日常生活の癒しや刺激として、可愛い女性と楽しくご飯を食べてその対価として数万円を支払うというものです。

肉体関係がある場合のパパ活もあります。

パパ活については別記事で詳しく説明しておりますので以下の記事も参考にしてみてください。




致死量の100倍の覚醒剤

覚醒剤の致死量は約1~2グラムで、その100倍となると100~200グラムとなり、末端価格で約300~600万円です。

これだけの量の覚醒剤を28才の普通の主婦が入手できるとは考えにくいです。 となると石原信明容疑者のものと考えられますが、キメセクするだけのためにこれだけの量の覚醒剤を飲ませるでしょうか?

これだけの量の覚醒剤を手に入れることができる薬物中毒者がをこれだけ飲ませるということも考えにくいです。

LINEで知人に「薬物を勧められて断ったが、酒に混ぜられて飲んでしまった」と送っていますが飲ませるにしても酒に溶かすだけでも容易ではないですし苦くて飲めたものではないそうです。

飲まされた後にこのようなLINEを送る余裕はないはずなのに普通に送れているというのは謎ですね。。。

また石原容疑者の身体からは覚醒剤が検出されなかったのでさらに謎は深まります。

五十嵐さんが自分で飲んだということも考えられますが恐らく石原容疑者は覚醒剤を大量に手に入れたが自分も覚醒剤の初心者で量がわからず、女性をもっと狂わせたいという思いで大量にアルコールに混ぜ込んだというところでしょうか?

一回ではなく何回かに分けて酒に混ぜ込んだのでしょう。 昼間から飲み始めて朝までいたわけですから、少しずつ混ぜれば致死量の100倍の100gの覚醒剤の摂取も可能ではないかと思われます。

追記:後から読み返してみると、この推理も少々的外れだと思いました。少しづつの摂取していれば100gどころか数グラム程度摂取した時点で死に至る可能性が高く、100g摂取することは不可能です。

覚醒剤の摂取については20~50mgでも中毒症状が出るらしく、やはり一気に無理やり飲ませたものだと考えられます。

最初に薬物を盛られた時点では意識ははっきりしており、知人にLINEも送ることができた様子からこれでは足りないと判断して大量に摂取させたと考えられます。

最初の報道では致死量の1000倍=1キロの覚醒剤を摂取したということで覚醒剤の運び屋説も浮上していましたが、100倍と訂正されその線は無くなりました。


五十嵐さんは2018年7月22日に亡くなっているが、なぜ逮捕が2019年3月になったのか?

石原容疑者の体内や自宅から覚醒剤が見つからなかったので確定的な証拠がなく逮捕に踏み切れなかったのではと推測できます。


石原信明容疑者のプロフィールは?

石原容疑者のプロフィールを紹介しておきます。

名前:石原信明 (いしはら のぶあき)

年齢:69歳

住所:渋谷区神泉町

職業:税理士、会社経営



となっています。facebookなどは探しましたが見つかりませんでした。

近所付き合いはなく、普段から若い20代の女性を自宅に招き入れていたという目撃証言もありますので常日頃からパパ活に精を出していたのでしょうか。

また自宅に女性を連れ込むぐらいですので石原容疑者は結婚はしておらず独身だったと推測できます。

※追記 昔は結婚しており、韓国人の妻と子供もいたそうです。

ポルシェのカイエンやベンツなどの高級外車を乗り回しておりかなりの収入があったと推測できます。

石原容疑者は58才で大学院を卒業して61才で税理士になったようですね。

石原信明容疑者の経営する不動産会社の会社名

石原信明容疑者が役員を務めていた会社は総合都市開発株式会社という会社です。 以下に詳しい会社情報を掲載しておきます。

会社名:総合都市開発株式会社

代表取締役:前田 泰宏

設立:平成2年6月14日

電話:03-3478-8888

住所:東京都港区南青山2丁目22-2





HPもあるのですが、事件後の現在は閲覧できなくなっています。

→総合都市開発株式会社のHP

同じ名前の会社がいくつかありますが間違えないようにしてください。

会社の謄本と取り寄せましたが取締役に石原容疑者の名前の記載があり、この会社で間違いありません。 石原容疑者は税理士ドットコムというサイトの情報によると、「税理士法人新日本 東京事務所」という税理士法人に税理士登録されていました。住所が「東京都港区 南青山2丁目22番2号NOBUビル内」となっており「総合都市開発株式会社」と同じですのでこちらの会社との関係も深いと思われます。


石原信明容疑者の自宅の場所

石原容疑者の自宅は渋谷駅から約800メートルのところにある閑静な住宅街にあります。ここが事件現場となりました。

地下1階、地上3階建ての豪邸です。近くには有名芸能人も数多く住んでいる人気の住宅街です。

この場所でこの規模の一軒家となると3~5億円程度と予想できます。

住所は東京都渋谷区神泉町13-15です。





事故物件サイトの「大島てる」にもがっつり情報が載っています。

この家はgoogle mapで「さつきエステート」となっていますが、この「さつきエステート」は石原容疑者の不動産会社です。


五十嵐友里さんのプロフィール、facebookやインスタ





五十嵐さんのプロフィールは

名前:五十嵐友理(いがらしゆり)

旧姓:小塙友理

年齢:28歳

前職:ネイリスト

住所:東京都板橋区



殺害された五十嵐友里さんのfacebookは→こちらです。

顔写真を見るとかなりの美人の女性です。2年前に結婚し順風満帆のはずのこんな女性がなぜ。。。と思わざるを得ません。

→五十嵐友里さんのインスタアカウントはこちら

こちらは投稿はされておらず事件の真相に繋がる手がかりはなさそうです。


五十嵐友理さんは「家、ついて行ってイイですか?」というテレビ番組に出演していた



五十嵐友理さんは前職はネイリストとなっていますが、2017年3月18日の「家、ついて行ってイイですか?」というテレビ番組で「アニメ大好き!銀座のホステス”本気の大人買い”」という題目でテレビ出演されています。

旦那さんと一緒に出演していました。ということはネイリストと銀座でホステスもしていたようですね。 ツイッターよりその時の出演動画を見つけましたので埋め込みしておきます。



祖母が亡くなるなど、精神不安定で21歳の時3ヶ月間ほど入院していたが、浪川大輔さんの「添い寝CD」を購入し聞いていると精神も安定し眠れるようになったそうです。

そういうこともあり浪川大輔さんの大ファンとのこと。

このテレビ出演時の映像を見ると確かに可愛い女性だがちょっと変わった人という印象は受けました。


五十嵐友里さんは実はデリヘル嬢だった?



報道によると五十嵐さんは殺害された時点では派遣型風俗店(デリヘルですね)に勤務していたようです。 店舗名なども判明すれば掲載したいと思います。

メディアは確たる情報がなければ被害者の方をこのように報道しないので、出所は不明ですが確実な情報だと思われます。

デリヘル嬢ということを隠してパパ活していたのでしょうか?


五十嵐友理さんの旦那さんについて

五十嵐さんの旦那さんは元ホストクラブの代表で現在は都内にある不動産会社の㈱ドリームライフコーポレーションに勤務しているようです。

この会社は事件後も普段通り営業しており、旦那さんの名前は「五十嵐潤也」さんという方です。 旦那さんのアメブロに情報がアップされていました。

旦那さんが代表を務めていたのは「Noize」というホストクラブです。ググってみましたが詳しい情報は出てこなかったので閉店したのだと思われます。

→旦那さんのアメブロ

アメブロでは五十嵐友理さんに対する想いを綴っておられます。



ただ誹謗中傷も寄せられ2019年3月18日でアメブロは閉鎖すると綴っています。

旦那さんのfacebookはこちら

旦那さんは五十嵐さんが交際クラブを利用していたと知っていたのでしょうか?


世間の意見(ツイッターより)

ツイッターの世間の意見を見ていると五十嵐さんに対する否定的な意見も見受けられました。 また事件の詳細が分かり次第更新していきます。


初公判と今後

裁判の予定についてはまだ判明していません。わかり次第随時更新していきます。