口ベタな男性必見!好きな女性を飽きさせない会話、トーク術

現代社会において女性と上手く会話することができないと悩む男性が増えています。

どんなにルックスが良くてもコミュニケーションが苦手な人はモテません。

逆にルックスはブサイクでも可愛い彼女が途切れない人はこのコミュニケーション能力に優れている場合が多いです。

そんな方のために女性と自然に、楽しませることができるような会話術のポイントをまとめてみました。

基本的にはどんなシチュエーションでも使えますので、女の子を口説く場コンパ、合コンだけではなく仕事等でも使えるテクニックですので是非実践してみてください。


まずは聞き上手になる

ただ単に女性の会話に頷いて聞いているだけだと、つまらない男と思われてしまいます。

うんうんと頷いているだけだと、この人は私に興味あるの?と思われてマイナスポイントになります。

上手く女性の会話を引き出してやることも必要です。

具体的に女性から話をどう引き出していくかイメージがつかないという方は、「〇〇だよねー」とか「〇〇ちゃんって〇〇好きよねー」とか相手が発した言葉に「だよねー」とか「よねー」といった接尾語を単純にくっつけてやると、相手もその言葉にのって次々と会話が途切れず出てくる場合が多いので一度試してみてください。


相槌を効果的に使う

ただ単に女性の会話に頷いて聞いているだけだと、つまらない男と思われてしまいます。

うんうんと頷いているだけだと、この人は私に興味あるの?と思われてマイナスポイントになります。

上手く女性の会話を引き出してやることも必要です。

相槌もいろいろなバリエーションを使うとさらに効果的です。

具体的に挙げていくと、

「なるほどー」

「へーすごい!」

「ええーやるなあ!」

など様々なバリエーションを用意し引き出しを多くしておくことで会話にメリハリもでき一石二鳥です。

またこの相槌によって女性の話を引き出させやすくする効果もあります。


自分の自慢話は絶対にしない

男性の自慢話ほど女性が興味のないことはありません。

自慢話を聞いていてもつまらない場合が多く、逆にドン引きされたりします。

女性は男性の自慢話は聞き飽きています。

年収、車、時計。。。すればするほど下衆な男に見られてしまいます。

その場では、すごいねーなどと褒めてくれるかもしれませんが、あくまで社交事例であることを肝に銘じておきましょう。

逆に女性の自慢話はうんうんと聞いてあげてください。

自分をアピールして価値を高めたいなら友人、知人に頼んでのティーアップが最も効果があります。


女性に共感してあげる



女性は自分の自慢話は大好きです。

どれだけ自分が仕事を頑張って評価してもらっているか、どれだけ美容・ファッションにこだわっているかetc…

そんな自慢話で全く興味がなくても絶対に興味がない素振りは見せないように気をつけてください。

つまらなくても相槌を使いながら聞くようにしましょう。


質問を掘り下げる

マシンガン式に質問を次々していくのではなく、一つの質問に対して掘り下げるようにしましょう。

次々と質問されるのは尋問のようで女の子は良く思いません。

鬱陶しいだけです。

それよりも一つの質問を掘り下げることで「私に興味を持ってくれているんだな」と思い好感度が上がるのです。

その際言葉に感情を込めてやるとポイント高いです。


オウム返し



一般によく知られている会話のテクニックです。

相手の話した言葉を自分の話す言葉の前に持ってきてから会話するテクニックです。

こうすることで女性は、自分の話をちゃんと聞いてくれていると思います。

しかしながら、このオウム返しを連続で何回もすると馬鹿にされていると思われたりするので注意が必要です。


リアクションを大きくする

意識的にリアクションを大きくすることで、相手も話したかいがあったと思い、気持ちがノッてきます。

そうなるとさらに話が盛り上がり、良い方向に向かうことが多いのです。

バラエテイ番組によく出ている売れている芸人さんはこのリアクションの達人ですので参考になります。

もしあなたが感情があんまり出ないねーとか言われているようであれば意識的にリアクションを派手にしてみてください。


どんな意見も否定せずまずは受け入れる

「でも」、「だって」など、相手の意見を遮るような言葉はNGワードになります。

まず相手の意見を尊重し、自分の中で受け入れ咀嚼した上で自分の意見を伝えることが重要です。

これは絶対に違うなと思っても女性を真っ向から否定するようなことはしないでおきましょう。


相手の目を見て話す

相手の目を見て話ができない人にあなたは信頼を置くでしょうか?

話をする時は必ず相手の目を見て話しをするようにしましょう。

無意識に目をそらしてしまうという方も多いのが事実ですが、気を付けていれば案外簡単に実践できますよ。


ミラーリング

一般的にはあまり馴染みのないミラーリングという言葉。

しかしながら専門家の間ではメジャーです。

聞きなれないミラーリングという言葉、要は相手のモノマネをするということです。

例えば相手が腕を組んだら腕を組む、髪をかき上げたらこちらも髪をかき上げるといったようなことです。

一見なんの意味もないことのようにみえますが、これは絶大な効果を発揮するのです。

簡単にすぐにできることですので、まずは実践してみましょう。


まとめ

気に入ったタイプの女性と知り合って、お互いに第一印象が悪くなくても、その女性と進展できるかはその後の会話で決まります。

女性の場合、いろいろな悩み相談をしていてえも、実は答えはもう自分の中で決まっている場合が多いです。

上記に挙げたポイントに気を付けながら上手く共感してあげて関係を進展させていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です