イククル、別名イクヨクルヨの真実

イククル、別名イクヨクルヨという出会い系サイトをご存知でしょうか?

2019年初頭において会員数が1200万人とハッピーメールを除けば日本最大クラスの出会い系サイトになります。

これは日本人の10人に一人は使ったことがあるという驚きの数字です。

公式サイトによると毎日25000件の掲示板の書き込みがあるそうで、これはかなり大きな数字です。

また2000年から運営されており、老舗の出会い系サイトになります。

全国的な知名度としてはハッピーメールやPCMAX、ワクワクメールには少々劣りますが、それでも都会であればビルなどの巨大看板やラッピングカーなどいたるところで広告を見かける機会があり広告宣伝にも非常に力を入れています。

イククルの会員登録はこちら


イククル会員の年齢層

イククル会員の年齢層は他の出会い系サイトを比較すると非常に若い印象です。

女性ですと20才前後から30才までの年齢層の女性が多く見受けられます。

それ以上の主婦などの高めの年齢層の女性の割合は他の出会い系サイトと比較すると少な目です。

男性は他の出会い系サイトと同様に全体的にもう少し年齢層は高めです。

また最近イククルの女性会員で増えてきているのがパパ活目当てで登録している女の子です。


イククルの料金設定



  • 掲示板

    内容 利用ポイント
    書き込みの一覧を見る 無料
    書き込みの内容を見る 1pt
    プロフィールを見る 無料
    メールを送る 5pt
    掲載画像を見る 2pt
    お返事を読む 無料
    掲示板に書く 各ジャンル 1日1回無料
    最新に掲載 5pt

    日記

    内容 利用ポイント
    日記を書く 無料
    日記を読む 無料
    日記にコメントを書く 無料

    マイページ

    内容 利用ポイント
    アバターを作成 無料
    プロフ画像登録 無料
    プロフ画像閲覧 2pt
    プロフィールを見る 1pt
  • 投稿画像

    内容 利用ポイント
    画像を投稿する 無料
    画像を見る 3pt
    コメントを書く 無料

    投稿動画

    内容 利用ポイント
    動画を見る 5pt
    コメントを書く 無料

    WEBコン

    内容 利用ポイント
    投票する 2pt~
イククルの料金設定は以上のようになっています。

料金的には他の出会い系サイトと同じような感じになっています。

女の子にメッセージを送るのは5ポイント=約50円ですね。

そう思うと高いかもしれませんが、このサイトで紹介しているどの出会い系サイトもこの料金設定になっています。


イククルのピュア掲示板について




web版とアプリ版の比較



どこの出会い系サイトでもそうなのですが、イククルにもweb版とアプリ版の2種類があります。

イククルのアプリ版にはアダルトカテゴリが一切ありませんのでアダルト掲示板を利用したいならweb版を使いましょう。

逆にアダルトカテゴリはいらないという方はアプリ版でも良いでしょう。

しかしweb版に登録すると無料のポイントが100ポイント付加されますので最初の登録はweb版をおススメします。

ですのでweb版で登録しておいてアプリ版に移行すると良いでしょう。

またポイントを購入する際もweb版の方が圧倒的にお得になっていますのでポイント購入もweb版で行いましょう。

ちなみにこの無料ポイントは年齢確認まできちんと終わらせないといけません。

年齢確認は運転免許所や保険証などの公的証明書の写メを運営にメールで送るだけですので必ず終わらせておきましょう。

メリットが何もないように見えるアプリ版ですが、ログインすると一日一回ログインボーナスで1ポイント貰えます。

キャンペーン期間中限定ですが、この点のみアプリ版のメリットと言えるでしょう。


イククルで効率よくセフレをつくる方法

他の有名出会い系サイトと並行して利用する

はじめはイククルだけを利用するのではなく、他の出会い系サイト、ハッピーメールやPCMAX、ワクワクメールなどと並行して利用するのをおススメします。

そうすることで出会いのきっかけは何倍にもなります。

どれか一つの出会い系サイトに固執していると折角の出会える機会を逃してしまいます。

今の時代はこれだけ出会い系サイトも増えているので女の子もいろいろな出会い系サイトに分散してしまっているのです。


プロフィール検索からメッセージは送るな!



これは他の出会い系サイト全般にも言えることなのですが、プロフィール検索から可愛い女の子を狙って片っ端からメッセージを送るのはやめましょう。

下心全開のメッセージを送りまくっていると下手をすると運営に通報されて最悪アカウント停止をくらうリスクもありますしね。

基本的に素人の可愛い女の子には男性から大量にメッセージが届きますのでうっとおしいですし女の子からすればイメージは悪いです。

また返信があっても援デリ業者である確率が非常に高く危険です。

プロフィール写真で目につく可愛い女の子は業者である場合がほとんどです。

私はこのプロフィール検索から女の子を探していた時期があったのですが、ことごとく失敗してきましたので使う必要はないと思っています。


おススメは掲示板に書き込んで待つというスタイル



どの出会い系サイトでも一日一回、無料で掲示板に書き込みできるのでイククルを含め片っ端から書き込んでおいて待つというスタイルがおススメです。

この方が闇雲にメッセージを送りまくってポイントを消費するよりも断然効率が良いです。

自分の書き込んだメッセージに対して興味を持ってくれているということなので話も早いです。

その際の掲示板のカテゴリはアダルトカテゴリではなくピュア掲示板の方がおススメできます。

なぜならアダルト掲示板はピュア掲示板と比較して業者やキャッシュバッカーが集まりやすいからです。

ただしピュア掲示板にアダルト要素の強い書き込みをするのはNGです。

アダルトな書き込みをするのであれば必ずアダルト掲示板を使いましょう。


イククルの特徴

イククルは他の出会い系サイトと比較して処女を見つけやすい

イククルはプロフィールに付き合った人数を記載する項目があります。

処女を狙う場合はこの付き合った人数がゼロの女の子にターゲットを絞ると良いという訳ですね。

しかしながらこのプロフィールは嘘をつき放題ですので参考程度に考えておきましょう。

信頼できる大手出会い系サイトの中でこの付き合った人数を記載する項目があるのはイククルだけです。

他の出会い系サイトでもこの項目を付ければいいのにと思うのは私だけではないでしょう。

プロフィールの文章のテンションなどから私は女の子の真実の息遣いがかなりの確率でわかるようになっています。

ですので処女とセックスしている数も相当なものだと自負しております。


イククルで個人的に「これは良い!」と思った使える機能

イククル日記

他の有名出会い系サイトにもある日記機能がイククルにも存在します。

イククル日記という名前なのですが、日々のちょっとした出来事を書き込むブログのようなイメージです。

毎日とは言いませんがこのイククル日記にこまめに投稿することによって、自分の性格や特徴人となりを異性に密かにアピールできるのです。

勝手に信頼関係も構築されますしね。

この日記機能は一見すると出会いに関係ないいらない機能のように思われる方も多いですが、実は意外に使える機能なのです。

実際2chでも日記についたコメントからマッチングしセフレにすることができたという書き込みも見受けられます。


見ちゃイヤ☆リスト

これは特定の女性に自分の掲示板の投稿を見れないようにする機能です。

えっいつ使うの?と思われる方も多いかもしれませんが結構使える機能です。

セフレを探す場合などは女の子は常に並行して探す必要があります。

女の子は結構男性の掲示板の書き込みをチェックしていますので、今やり取りしている女の子をこのリストに入れておくと自分以外やり取りしてないんだなーと安心させることができます。

女性は独占欲が強い生き物ですので今いい感じにやり取りしている女の子がいる状態で並行して他の女の子にアプローチする場合はこの見ちゃイヤ☆リストに入れておくようにしましょう。

そうしないで他にもやり取りしていることがバレてしまうと嫉妬してブロックされたりします。


イククルの2chでのリアルな口コミ

良い口コミ


懐かしい。二年ほど前かなお世話になった。当方女。

勿論サポ希望だったけど、デリヘルとかじゃなく全く個人で使ってた。

似たようなものかもしれないけれど、

時間制限とかはなく、まったり時間過ごした記憶あり。

値段の折り合いがつけば私はすぐ直メール交換してた。

さくらと思われるのが面倒だったから。

※2chからの抜粋


悪い口コミ


このサイトは最近ひどいね。CB目的&デリヘルが大半。

だから、たとえ会っても質が低い。

1年位前は、普通に援で成立したんだけど・・・

※2chからの抜粋


イククルのツイッターでのリアルな口コミ






調査してみた結果、2chでは良い意見も悪い意見もありました。

ツイッターは悪い意見ばかりでした。。。

上記意見は一部だけですが割合で言うと悪い意見の方が多く見受けられました。

正直なところ悪い意見が多いですが、2chは厳しい意見が集まりやすいという特性がありますので、むしろ良い意見の方が貴重かもしれません。