2019年4月2日放送の「ありえへん∞世界」で358kgの世界一のおデブさんが命がけのダイエットをする様子を密着取材するという内容が放送されます。

この内容は2016年にも「ありえへん∞世界」で放送されましたが、少しまとめてみました。


なぜここまで太ってしまったのか?

この世界一太っていた女性の名前はアメリカ人のチャリティ・ピアース(Charity Pierce)さん。 なんと体重は当時358キロもあったそうです。

もともと太っていたがここまで太ってしまった一番大きな要因としては、本人いわくリンパ浮腫を発症した後にリンパの流れがブロックされ、それでむくみが発生しこのような状態にまでなってしまったそう。

また医者から痩せないと心臓発作や脳卒中に見舞われますよと警告されてきたにも関わらず特に何もせずに「アルコール依存症の父親が酔って怖かったから」「毎晩父親が酔い潰れた後キッチンで物を食べるのが唯一の安らぎだった」と語っているように暴飲暴食し食べたいように食べてきた結果ここまで太ってしまいました。

なんと一日一万キロカロリーもの食事を摂取していたそうです。通常の成人女性ですとだいたい平均して1500~2000kcalが一日で摂取するカロリーとしては標準ですのでなんとその5倍以上という計算になります。

もはやこの状態では自宅の部屋からも出られない状態になってしまいました。 そして「ダイエットのために彼女には胃をバンドで締め付け食事量を減らす『胃バンド手術』が必要だが、その手術を行うにはまず彼女が226キロまで体重を落とさなくてはならない」と最終警告を突き付けられてしまいます。 その当時の彼女の姿がYOUTUBEにアップされています。



ちなみにこちらの動画は全世界で4000万回以上も再生されています。 4000万回以上の再生数というのは日本のトップのYOUTUBERでもなかなか達成できない凄まじい再生回数です。

また彼女はシングルマザーで娘さんもいらっしゃいます。


なぜダイエットを決意したのか?

彼女には一回り以上、17歳も年下のトニー·ザウアーさんという名前の婚約者がおり、「ウエディングドレスを着てバージンロードを自分の足で歩きたい」、「婚約者のトニーとダンスを踊りたい」との思いからダイエットを決意したとのこと。



こちらの画像の左側に座っている男性がトニー·ザウアーさんです。がタイも良くイケメンの婚約者ですね。

この愛する婚約者のために彼女はダイエットを決意したのです。 そして医師からは厳しい食事制限を課せられ11ヶ月後には270キロ(-80キロ)まで減量に成功します。 そして脂肪の塊を切除する手術を受けなんと225キロまで減量することに成功しました。



こちらがその画像になります。本当に見違えるほど痩せましたね。

ここまでが2016年の「ありえへん∞世界」での放送でした。さらにそこからどうなったのか気になりますよね?


現在はどうなった?今後は?

世界一の巨漢女性チャリティ・ピアースさんがここまで知られるようになったきっかけは自分の状態をYOUTUBEにアップしたことからです。

そこからアメリカのテレビ番組に出演し、「私に5000ドル寄付してください」と胃バンド手術費用の寄付を募っていました。

そしてとうとう手術をうけることが可能な体重まで減量し努力が実り手術を受けることができました。 現在の姿はこちらです↓



これで体重は135キロと358キロあった時と比較してなんとマイナス223キロものダイエットに成功しています。

まさにありえないですよね。

さあここまでのダイエットに成功したチャリティ・ピアースさんですが、果たしてウエディングドレスは着れたのでしょうか?


世間の声

彼女に対する世間の評判は非常に厳しいものばかりでした。

「自己管理ができていないからここまで太ったんだ」「ちゃんと働けよ」「手術よりもまずジャンクフードをやめろ」などかなり辛辣なものばかりでしたが彼女はそんな声にもめげずに努力を続けたということです。